よい絵本を探そうvol-164 ☆彡マウリ・クンナス「フィンランドの小人トントゥ」

   ■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■

         よい絵本を探そう 絵本入門講1
       大人的こどもの本の書評--「えほんのみかた」

   ■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■vol-164■

   こんにちは。いつもご愛読ありがとうございます!

   木枯らしの吹く季節がやってまいりました。
   クリスマスも近づいてきましたね♪☆♪

   そこで本日は、クリスマスにもぴったりの絵本をご紹介します。 
   

   ============================
   フィンランドの小人トントゥ


   フィンランドの小人トントゥ
   

   マウリ・クンナス/作
   稲垣美晴/訳
   猫の言葉社
   対象年齢 : 4歳ぐらいから100歳以上まで

   ============================
 

   トントゥは、家の守り神の小さな妖精です。
   馬小屋や穀物小屋など、家のあちこちに、それぞれのトントゥが
   いるそうです。

   この小さな妖精は、スウェーデンではトムテ
   ノルウェーやデンマークではニッセ
   フィンランドでトントゥと呼ばれています。

   本書には、「音楽の好きなトントゥ」「おこりっぽいトントゥばあさん」
   など、15話のトントゥのお話が載っています。

   楽しいクリスマスのお話も載っています。
   「トントゥのクリスマス」です。

   サンタクロースがいなかった頃には、クリスマスはトントゥと
   お祝いをしていたそうです。
   クリスマス・イブには、トントゥのためのご馳走が並べられ
   トントゥは一晩中ご馳走を食べて過ごすそうです。

   マウリ・クンナスの愉快なあたたかみのある絵とともに楽しめます!

   フィンランドでは、クリスマス・トントゥがサンタクロースの
   お手伝いをするとも伝えられています。
   子どもたちがいい子でいるか見に来たり、サンタクロースと一緒に
   プレゼントを配ったりするそうです。

   マウリ・クンナスの人気絵本サンタクロースと小人たち
   登場していますね。

   本書は、マウリ・クンナスのデビュー作で、1982年に文化出版局から
   刊行された「フィンランドのこびとたちトントゥ」の加筆復刊版です!

   ---------------------------------◇----◇----◇-----

   今回もすてきな絵本に出会えていただけましたか。
   それでは、本日はこのへんで。

   また次回読んでいただけましたら嬉しいです(*^▽^*)/

   *-・-・-*-・・--*-・-・-*・-*-・-・-*-・-*-・-・-*・-・-*-・-・-*-・
   このメルマガは、絵本専門古本屋【絵本古本マーケットはっぴぃ】
   が作成、発行しています。 https://ehonhappy.ocnk.net/

   ↓↓↓はっぴぃの【おすすめ絵本】ブログ↓↓↓が新しくなりました♪
 

      https://efmarket.ehonhappy.com/

    *-・-・-*-・・--*-・-・-*・-*-・-・-*-・-*-・-・-*・-・-*-・-・-*-・


   Copyright (C) 2019.絵本古本マーケットはっぴぃ.All Rights Reserved.


    ・このメールマガジンは『まぐまぐ!』より発行しています。

     ご購読(無料)お待ちしております。

 

       

メルマガ購読・解除ID: 136333
よい絵本を探そう 絵本入門講座
  
バックナンバーpowered by まぐまぐトップページへ