━─━─━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━
   絵本の古本屋 「はっぴぃ」 です

   http://ehonhappy.com          【おすすめ絵本10月】
   ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━

   みなさま、こんにちは。はっぴぃです。
   いつもご愛読ありがとうございます。

   秋晴れの朝は寒いです。今朝の最低気温は、5℃でした~(≧▽≦)
   朝夕の寒気が身にしみる時節となりましたね。

    それでは、今号もどうぞよろしくお願いいたします(o^▽^)o)ペコリ


   -▼ INDEX ---------------------------

   ■おすすめ絵本10月
   ○★再入荷★イエルク・シュタイナー、ミュラー「うさぎの島」
   ○★絶版★オランダの絵本「しろくまくん、どこへ?」ハンス・ド・ビア
   ○癒しの猫絵本「みどりの目
   ○アフリカ・マサイ族民話「ウサギのいえにいるのはだれだ?」
    ディロン夫妻 ★1980年第2刷★絶版
   
   ■<<オータムフェアー>> 〓送料お得!〓 [11月末までずっーと!]

   ---------------------------------

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ■おすすめ絵本10月
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ○★再入荷★イエルク・シュタイナー、ミュラー「うさぎの島」

   食肉のうさぎを育てるために人間が作った「うさぎ工場」
   そこに長く暮らす灰色うさぎは、すっかり自然の中で暮らすことを
   忘れていました。

   そこへやってきたのは、小さな茶色うさぎでした。
   怖がる茶色うさぎを、灰色うさぎは逃がしてやることにし
   一緒に外の世界へ・・・
   ところが、灰色うさぎは「うさぎ工場」の生活がなつかしくなります。

   人間が作ったものによって、洗脳され、やがては何も知らずに
   その命が破壊されるであろううさぎを通して
   文明と自然破壊に警鐘をならす、シュタイナーとミュラーコンビが
   手がけた傑作絵本です。

   「うさぎの島」
   イエルク・シュタイナー/文 イエルク・ミュラー/絵
   おおしまかおり/訳 ほるぷ出版
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
   https://ehonhappy.ocnk.net/product/12057

   -------------------------------------------------------------------

   ○★絶版★オランダの絵本「しろくまくん、どこへ?」ハンス・ド・ビア

   しろくまラルスのおはなしです。
   「しろくまくん」絵本は、シリーズで出版され、いろいろな国で翻訳され
   人気の絵本です。

   作者はオランダ生まれのハンス・ド・ビアさん。
   本作「しろくまくん、どこへ?」が処女作になります。
   「しろくまくん」絵本の他作品で、ボローニャ国際児童図書展エルバ賞を
   受賞しています。

   ラルスはとうさんに連れられて海へ出かけました。
   泳ぎ方を教わったり、雪の寝床の作り方を教わったり・・
   その晩、寝床でぐっすり眠ったラルス。
   つぎの日の朝、目覚めると、氷の島の上でたったひとりぼっちで
   漂流していました!
   あたたかくなってきた海、氷はだんだんとけてゆき
   ラルスは流れてきたおおきな樽につかまりました。
   流れ着いたところは、見たこともない緑の島!
   そこでやさしいカバのヒッポに出会い・・・
   ラルスは無事に氷の国へ、とうさんのところへ帰れるでしょうか?

   「しろくまくん、どこへ?」
   ハンス・ド・ビア/作 矢川澄子/訳 童話屋
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
   https://ehonhappy.ocnk.net/product/12056

   -------------------------------------------------------------------

   ○癒しの猫絵本「みどりの目」

   みどりの目は、みどり色の目と、長いひげのまっしろい猫の名前です。
   春の日に生まれたみどりの目は、もうすぐ1さい。
   見るもの、体験すること、すべてはじめての1年間を描いています。

   大版の画面に、ラフで大胆な描写や色づかいで描かれた
   のびのびとした画風で、四季の自然や生き物たちとのふれあいなど
   みどりの目の新鮮でいきいきとした感動が伝わってきます。

   四季の自然の営みとみどりの目の、のびやかさに癒されます。

   コールデコット賞オナー賞(銀賞)受賞作品です。

   「みどりの目」
   エイプ・バーンバウム/作・絵 ほしかわなつよ/訳 童話館出版
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
   https://ehonhappy.ocnk.net/product/12059

   -------------------------------------------------------------------

   ○アフリカ・マサイ族民話「ウサギのいえにいるのはだれだ?」
    ディロン夫妻 ★1980年第2刷★絶版

   ディロン夫妻は、マサイ族のユーモラスな民話を
   マサイ族の村人たちが動物の仮面をかぶり劇にして公演しているという
   ユニークなかたちで描いています。

   ある晩、ウサギが家に入ろうとすると、家の中に「ながながぼうず」
   と名乗る化け物がいて、「あっちいけ!でないとおまえをふみつぶす!」
   と脅してきます。
   ウサギが困っていると、つぎつぎ強そうな動物たちがやってきて
   化け物を退治しようとします。
   が、結局解決したのは一番弱いカエルでした。
   マサイ族が、小さき生き物にも愛情を持っている様子がうかがえます。

   いつしか村人たちがかぶっている仮面は表情をもち
   幻想的なファンタジーの世界を作りだします。

   「ウサギのいえにいるのはだれだ? アフリカ・マサイ族民話より」
   ヴェルナ・アールデマ/文 レオ・ディロン、ダイアン・ディロン/絵
   八木田宜子/訳 ほるぷ出版
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓  
   https://ehonhappy.ocnk.net/product/12058


   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ■<<オータムフェアー>> 〓送料お得!〓 [11月末までずっーと!]
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   --------------------------------
   ◇◇A4サイズ絵本3冊まで★送料370円★(B4サイズ以上は1冊まで)◇◇
   --------------------------------

   ※ご発送方法=レターパック、ゆうメール、ゆうパケット、定形外郵便
   (!ご発送方法にサイズや重さの規定がございますため
   送料値引き適応外になる場合がございます。)

   ※[代引きでのご発送は適応外です。通常送料となります。]

   ※クーポン番号記載の必要はございません。

   ━─━─━─━─━─ ━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━ 
   ■編集後記

   ただいま「第73回読書週間」です。(11月9日まで)
   今年の標語は、「おかえり、栞の場所で待ってるよ」

   本についている紐、便利でいいですよね。
   製本用語では、「スピン」と呼ぶそうですが、日本独自の呼び名らしく
   一般的には浸透していないですよね。
   「栞紐」のほうがしっくりきます。

   文庫本を買ったらついてくる出版社の栞も重宝します(*^▽^*)
   無料の栞の話ばかりですが、革製とか金製とか(@_@;)超高価な
   栞もあるんですね~
   そんな栞が待っててくれたら、本を開きたくなる気持ち倍増です!
   一生ないと思いますが(^▽^;)

   ※ショップページURLを、http://・・・・からhttps://・・・・に
    変更いたしました。↓↓↓
    https://ehonhappy.ocnk.net

   お手数ですが、新しいアドレスにご登録変更よろしくお願いいたします。 

   お忙しい中、最後までお読みいただき、ありがとうございました。
   来月も読んでいただけましたら嬉しいです~(*^▽^*)/

   ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━ 
   発行元: 【絵本古本マーケットはっぴぃ】

   URL : http://ehonhappy.com/
   SHOP URL : https://ehonhappy.ocnk.net/
   ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━
   Copyright (C) 2019.絵本古本マーケットはっぴぃ.All Rights Reserved. 

 
   今月号もお楽しみいただけましたか?

   メルマガ配信ご希望はTOPページ右欄にて登録できます。ご購読は無料です。
   まぐまぐさんより配信ご希望の方は下記よりお願いいたします。
   (内容は同じですが、まぐまぐさんより配信のメールマガジンには広告が
   表示される場合がございます。)
   よろしくお願いいたします。
    
↓↓ 

メルマガ購読・解除ID: 160821
絵本の古本屋「はっぴぃ」
  
バックナンバーpowered by まぐまぐトップページへ