よい絵本を探そうvol-162 「国際アンデルセン賞画家賞スベン・オットーのアンデルセン絵本」

   ■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■

         よい絵本を探そう 絵本入門講1
       大人的こどもの本の書評--「えほんのみかた」

   ■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■vol-162■

   こんにちは。いつもご愛読ありがとうございます!

 

   本日ご紹介の絵本は、デンマークの童話作家アンデルセンの
   童話絵本です。
   同じくデンマークの代表的絵本画家スベン・オットーが
   絵をてがけています。

   オットーは、たくさんのアンデルセン童話を絵本にしています。
   1978年には、国際児童図書評議会 (IBBY) によって授与される
   「国際アンデルセン賞画家賞」を受賞。
   まさに世界が認めるアンデルセン画家ですね。
 

   ============================
   みにくいあひるの子」

   みにくいあひるの子
   

   ハンス・クリスチャン・アンデルセン/作
   スベン・オットー・S/絵
   きむらゆりこ/訳
   ほるぷ出版
   対象年齢 : 5歳ぐらいから100歳以上まで

 

   ============================
 

   「みにくいあひるの子」は日本でもお馴染みのアンデルセン童話の
   ひとつですが、本書は原文のまま翻訳してありますので
   アンデルセン作品を充分に楽しむことができます。

   農家の様子、動物たち、沼や湖、厳しい冬の風景など
   アンデルセンが思い描く世界を、同じデンマーク出身の
   オットーだからこそ、的確に描いていると思います。

   あひるの子として生まれ、みにくい異端児として
   これでもかと災難が襲いかかり、孤独で過酷な幼鳥期を過ごす
   せつない物語ですが、同時に、生きようとする幼鳥の姿に
   励まされ、勇気づけられます。

   厳しい冬を超え、ライラックが咲く春の訪れとともに
   すんだ水のにおもてにいたのは、みにくいあひるの子自身
   でしたが、驚いたことに、その姿は若く美しい白鳥でした。

   仲間のやさしさにはにかみながら、人間の子どもから
   一番美しいとほめられても、いばることはせず
   ただ自分にもたらされた喜びと幸せをかみしめます。
   姿の美しさだけでなく、本当によい心をもった一羽の雄鳥へと
   成長したのです。
   あひるの子として生まれた運命を受けとめ、自分をつきうごかす
   生きようとする力強い力で、耐えて乗り越え、つかんだ幸せです。

   デンマークの国鳥は、コブハクチョウだそうです。
   アンデルセンも、オットーも、身近なこの美しい鳥を愛し
   最高の敬意を払っていたことでしょう。


   ****************************
   ◎「みにくいあひるの子」(ほるぷ出版)は★絶版絵本★です。
    【絵本古本マーケットはっぴぃ】でぜひどうぞ!

    ⇒ http://ehonhappy.ocnk.net/product/12026


   ---------------------------------◇----◇----◇-----

   今回もすてきな絵本に出会えていただけましたか。
   それでは、本日はこのへんで。

   また次回読んでいただけましたら嬉しいです(*^▽^*)/

   *-・-・-*-・・--*-・-・-*・-*-・-・-*-・-*-・-・-*・-・-*-・-・-*-・
   このメルマガは、絵本専門古本屋【絵本古本マーケットはっぴぃ】
   が作成、発行しています。 http://ehonhappy.com/


   ↓↓↓はっぴぃの【おすすめ絵本】↓↓↓

      http://ehonhappy.ocnk.net/diary

    *-・-・-*-・・--*-・-・-*・-*-・-・-*-・-*-・-・-*・-・-*-・-・-*-・


   Copyright (C) 2019.絵本古本マーケットはっぴぃ.All Rights Reserved.


    ・このメールマガジンは『まぐまぐ!』より発行しています。

     ご購読(無料)お待ちしております。

 

       

メルマガ購読・解除ID: 136333
よい絵本を探そう 絵本入門講座
  
バックナンバーpowered by まぐまぐトップページへ