よい絵本を探そうvol-158 絵本版カフカ「変身」/牧野良幸版画絵本

   ■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■

         よい絵本を探そう 絵本入門講1
       大人的こどもの本の書評--「えほんのみかた」

   ■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■◇◇◇■vol-158■

   こんにちは。いつもご愛読ありがとうございます!

   本日は、あのカフカの名作「変身」を牧野良幸さんが
   銅版画で描いた異色の絵本のご紹介です。

 

   ============================
   「変身

      

   フランツ・カフカ/作
   酒寄進一/翻案
   牧野良幸/画
   長崎出版
   対象年齢 : 10歳ぐらいから100歳以上まで

   ============================

 

   文章は、翻案となっていますので、あらすじをもとに絵本の
   体裁にあわせ、訳者独自のことばで表現したものです。
   直訳とは違っています。

   絵は、牧野良幸氏の渾身の銅版画。
   銅版画独特のセピアの世界に、場面によって2色のさし色での
   表現です。

   ある朝目覚めると、主人公グレゴールが毒虫になっていたという
   ストーリーですが、本書には毒虫は描かれていません。
   この絵本自体がグレゴールで、主人公の心で感じたこと
   目で見たものが描かれているからです。

   グレゴールの家族は、両親と妹。
   グレゴールが見た家族の姿が中心になって綴られています。

   
   本書では、グレゴールは毒虫になっても尚、家族を愛し
   ずっと愛情を失わず、それどころか家族のために
   自分が消滅することにさえ安堵するのです。

   反対に家族は、毒虫になった兄に悩み苦しみながらも
   とうてい受け入れることはできず、毒虫以前のグレゴールの存在も
   抹殺してしまい、三人で暮らす新たな未来に希望をいだきます。

   なんとも残酷な話ですが、この家族を責める気持ちにはなれません。
   なんとなく理解もできます。
   自分もふくめて、人は愛情とエゴとふたつの気持ちを同時に
   あわせもっていることに気づき、ちょっと恐ろしくなります。

   カフカはこの話を面白おかしく読み上げたそうです。
   毒虫になってしまった男の哀れな笑い話ということでしょうか。
   ブラックユーモア、ブラックジョークなのでしょうか。
   とはいえ、怪奇小説の金字塔として、今なお、人々に衝撃を
   あたえる作品ですね。
   本書はそんな「変身」を絵本としてビジュアル化したもの。
   「変身」を幻想ただよう絵で味わうことができ、また違った
   趣きのある作品です。

   

   **************************
   ◎「変身」(長崎出版)は、現在、販売されていません。
    【絵本古本マーケットはっぴぃ】では、
    【新品特価バーゲンブック】で販売しています!
    ぜひどうぞ~
    ⇒ http://ehonhappy.ocnk.net/product/11868

    ---------------------------------◇----◇----◇-----

   今回ご紹介いたしました絵本は、いかがでしたでしょうか。
   素敵な絵本に出会えていただけましたでしょうか。
   お読みいただきありがとうございました。

   では、また次回もお楽しみに~(*^▽^*)/

   *-・-・-*-・・--*-・-・-*・-*-・-・-*-・-*-・-・-*・-・-*-・-・-*-・
   このメルマガは、絵本専門古本屋【絵本古本マーケットはっぴぃ】
   が作成、発行しています。 http://ehonhappy.com/


   ↓↓↓はっぴぃの【今日のおすすめ絵本はコレ!】↓↓↓

      http://ehonhappy.ocnk.net/diary

    *-・-・-*-・・--*-・-・-*・-*-・-・-*-・-*-・-・-*・-・-*-・-・-*-・

 

   Copyright (C) 2019.絵本古本マーケットはっぴぃ.All Rights Reserved.

    ・このメールマガジンは『まぐまぐ!』より発行しています。
     ご購読(無料)お待ちしております。

 

       

メルマガ購読・解除ID: 136333
よい絵本を探そう 絵本入門講座
  
バックナンバーpowered by まぐまぐトップページへ